鋳金(ちゅうきん)とは、
金属を溶かして流し込む金工技法です。
大きい物は奈良の大仏から、
マンホールの蓋、アクセサリー等
鋳金作品(鋳物=いもの)は
見回せば生活の中に溢れています。
特にここ川口市は鋳物産業の街として有名ですので
御存じの方もおられる事でしょう。

鋳造(ちゅうぞう)の行程は、
デザイン→原型制作→鋳型作り→流し込み と、
作業が多岐に渡るために分業するのが一般的ですが、
当アトリエでは、初心者の方でも安心して進められる
無理のないスケジュールで、
デザインから流し込みまで一貫して
ご自分の作品をお作りいただけます。

アクセサリー、小物、オブジェ、食器等、身近に使える物を中心に制作します
素材はシルバー/K18、錫(スズ)合金、アルミニウム等



アトリエ Me-Mic Works 鋳金教室>

クラスは毎週土曜日、14:00〜16:00です。

週1回のペースで行っておりますが、チケット制ですので
 ご都合に合わせていらして下さって構いません。
 必要な枚数のチケットを事前にお求め下さい。
 (現在のところ、チケットの期限は特に設けておりません。)

汚れてもよい服装、エプロン、マスク等をご用意下さい。
 爪を伸ばしている方はなるべく切ってきて下さい。
 ワックス原型は柔らかいので作業中すぐにキズが付いてしまいます。
 また、仕上げの際にはやすり作業で
 マニキュア等が剥げてしまう場合がありますがご了承下さい。


クラス:毎週土曜日、14:00〜16:00
定員:1クラス6名
◆ 入会金:¥10,000
材料費:別途必要です。基本的には使用する地金の重さで計算します。
 以下を参考にして下さい。
 スズ合金‥‥鋳型代込みで ¥40/1g
 シルバー‥‥鋳型代込みで ¥230/1g(標準的な指輪で5〜10g 使用します)
 K18 Gold‥‥鋳型代¥180/1g + 地金代(時価)(2010年4月6日現在 ¥3,623/1g)


【鋳金教室 コース】1回2時間

1回 ¥2,500のチケット制

 ★ 必要な枚数のチケットを、随時お求め下さい。


★当アトリエで主に行う「ロストワックス」という鋳造技法について、
 簡単な説明のページを設けました。
 作業の流れをおおまかに解説しておりますので
 こちらも是非ご一読下さい。


『鋳造シルバーリング体験教室』(¥3,500+材料費、全2回) も、
 クラス時間内で随時承っております。是非一度ご体験下さい!




鋳 金 指 導
  ◆ 赤岩千遙 Chihal AKAIWA
 1971 東京都生まれ
 1996 東京芸術大学美術学部工芸科卒業(鋳金専攻)
 1998
アトリエ Me-Mic Works 設立、鋳造による創作開始 
 2009〜
慶應義塾中等部美術科非常勤講師